Sweet★daY

CALENDARENTRYCOMMENTCATEGORYARCHIVELINKPROFILEOTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-●-●-●●スポンサードリンク
063
二人を包み込むかのように
降り注ぐのは虹色の輝き
そっと目を閉じて始まる、新しい季節

同じ日を同じ速度で過ごして
笑顔は絶やさないで
願わくば、あなたの隣りに居たい
傷付いてもそうして生きてゆきたい

色の無い世界は少しずつ色付いていくのよ

こんな穏やかな気持ちをありがとう
いつだって未来の優しさを教えてくれたのは、あなただった
WORDcomments(0)●-●17:28佐倉深月
062
共に過ごす夜は
いつからか切なくて
静寂を彷徨うのは僕の声だけ

同じ空は、孤独の色

ひとつ、大人になるごとに、
永遠から零れ落ちる懐かしい記憶と、幼かった過ち

影を追いかけて生きてなどいけない
孤独は分け合えない
わざとなんかじゃなかったよ

だけど愛してた
WORDcomments(0)●-●17:28佐倉深月
061
心の扉を開いて
眠る言葉を探し当てる

甘く香る花や、雨上がりの水たまり
飲みかけのカプチーノに星の海
君の笑顔、笑い声

私の心に流れ出したなら、またひとつ生まれくる

感じることはたくさんだ
言葉を操る休日の午後
WORDcomments(0)●-●17:28佐倉深月
060
ベランダで深く息を吸った10月の夜

傍を通り過ぎる秋風と
甘い金木犀の薫りに恋をした

穏やかな気持ち、優しい瞬間

そして明日になればまた君に会える
もう何もいらない
WORDcomments(2)●-●15:31佐倉深月
059
独りぼっちの君の吐息を
震える手のひらに閉じ込めて
隠されている君の冷たい影を
海の底にそっと沈めて
そうして僕たちは、不器用に世界を生きてゆく

溢れるほどの光に包まれて、
涙を手放して、
永遠を知りたい
季節に触れてゆきたい

君を苦しめるだけの約束なんて、そんなものはいらない

彷徨うことのない誓い
僕たちがただ一つ、欲しかったもの
WORDcomments(6)●-●17:09佐倉深月
058
夏の空気は変わり、秋が始まる
優しく照らし始めた陽の光に、長くなった月の時間
透り抜ける朝の風は少し冷たい

あなたとの出会いが、私に生きる幸せを教えてくれました
淋しくて、切なくて、少しだけ泣いた日もあった
縮めることの出来ない距離と共有した秘密
本当はあの頃、伝えたいことがたくさんあった

ささやかだけれど愛しく思えた日々
あなたは優しい人だった

会えなくなって随分経つけれど
いつまでも無垢なあなたでいて欲しい、なんて思って、
秋風の心地よさにそっと目を閉じた
WORDcomments(0)●-●17:09佐倉深月
057
07-08-25_18-51.jpg

ひぐらしが教える夕暮れ

切なくさせる蚊取り線香の匂い

一降りの雨

今だから、思うことがある

思い出したいことがある

WORDcomments(4)●-●19:45佐倉深月
056
07-08-15_14-05.jpg

愛すべき夏の日
木漏れ日の向こう、
見え隠れしているこの美しい景色を
一番に伝えたいと思ったのは、君だった

そばに居てくれるなら、君だけでいい

夏の空の下
風の囁きに耳を傾けて、
この優しい音色が
同じ街にいる君にまで届けと願った

WORDcomments(2)●-●15:35佐倉深月
055
オレンジの空を仰いだ

深いやすらぎの色と柔らかな薫り

物思いに沈む夕蝉の刻

少しだけ切なさが込み上げた
WORDcomments(2)●-●18:20佐倉深月
054
君の間違いは
決して間違いじゃなかった

その白い左腕に残る刃の跡は
君の願いであって
生であって、
哀しさでもあって 言葉でもあった

神様、どうか唄ってください
星を並べてください
哀しみを共有してください

彼の呼吸を、計り知れない心の深みを、
忘れないでください
WORDcomments(0)●-●18:19佐倉深月
: 1/7 : >>